やるひとは知っておくべき!二重の整形方法

二重の整形方法は2種類ある

最近巷では普通になってきた二重整形。理想の顔やコンプレックスを解消することができれば、人生においても前向きに生きることができるかもしれない。そう思って施術を希望する方が増えているようです。大きく分けて二重瞼の施術方法は、切開法と埋没方法の2種類に分けられます。自分の顔は一つしかないので後悔をしないためにも施術を受ける前にしっかりと二重の整形方法を理解し、医療費やメリット、デメリットの違いも考慮して施術に臨みましょう。

切開方法のメリットデメリット

切開法というのは瞼をメスで切開し、繋ぎあわせ、理想の瞼へと整形していく方法です。この方法のメリットは形を保持しやすく1回の施術で済むという所です。しかし実際にメスを入れるため抵抗感が強く、失敗したら元に戻せないというデメリットもあります。さらに医療費も高額になりやすいく、腫れが引くのも比較的時間がかかりやすいので受けるためには時間や費用、さらにどのような瞼にするかしっかりと検討して臨む必要があるといえます。

お手軽埋没法のメリットデメリット

もう一つの二重瞼整形方は埋没法と呼ばれる方法です。この方法は瞼を糸で縫い付けることによって瞼を整形する方法です。切開法と比べて安価で気軽に行うこともできることに加え、糸を抜けば元の瞼に戻すことが可能なのでリスクも少なく人気な施術方法といえます。しかしデメリットとしては糸が外れてしまったら再度施術を受けなくてはいけないという点があります。クリニックによっては保証期間なども設けているところもあるので是非チェックしてみてください。

一般的な美白美容液は、シミを消すのではなく予防するものです。できてしまったシミには、フォトフェイシャルを継続的に当てると効果的です。