注射でできる整形ボトックス注射ってどんなもの?

ボトックス注射はメスを使わない整形

美容外科などで行われている治療にボトックス注射があります。ボトックス注射はボトックス製剤を肌に注入するという簡単な方法で、筋肉の動きを麻痺させる働きがあります。表情筋の動きによって作られる顔のしわの改善や、顔の筋肉を使わないことで細くしてエラが目立たないようにしたり、ふくらはぎに注射することでふくらはぎを部分的に細くするなどさまざまな美容効果を得ることができるのが特徴です。注射だけで良いので簡単にできるプチ整形と呼ばれているものの一種です。

ボトックスってどんなもの?

ボトックス注射に使用されるボトックス製剤はボツリヌス菌という菌が分泌する毒素から生成されているのですが、ボツリヌス菌は日本では食中毒を起こす菌として知られています。場合によっては人を死に至らしめるものですが、そのボツリヌス菌が生成する毒素のボツリヌストキシンを既定の値にまで薄めて肌に注入するという方法です。実際に医療の現場でも利用されているもので、安全性は実証されていますので毒素だからと過度に心配する必要はありません。

それでも気になる副作用とは

ボトックス製剤は注射で注入したものは3か月~半年程で吸収されて排出されるのですが、薬が効きすぎて注射をした周りの筋肉の動きが悪くなってしまうことがありますが、これは一時的なものです。基本的に大きな副作用はないものなのですが、ボトックス注射を行う医師の腕が仕上がりを左右するとも言われています。無料カウンセリングなどで納得のいく説明をしてくれる信頼できる医師に施術をお願いすることが一番重要だと言えるのではないでしょうか。

ボトックスの施術の進め方は、患者の意思を尊重してくれるため、各自のペースで治療を続けることがコツとして挙げられます。